ニュース

2010年2月11日 (木)

2009 AKC Awards for Canine Excellence

すでに去年の話になってしまいますが、サラの父方のおばあちゃん、エレクトラが現在の飼い主マンディと共に12月、ロングビーチでのユカヌバショーで表彰されました。(ケーナイン・エクセレンス・アワード)
Mandy_electra
マンディとエレクトラの話は、去年の夏前、私が長年メンバーになっているアメリカのクラブのニュースレターで知ったのですが、その後AKCから表彰されることになってからはプードル雑誌、地元の新聞(アメリカですが)などに彼らの話が紹介されていて、当然AKC Gazette にも載るようです。
表彰式の様子は、アメリカではテレビ放映されました。
こちらでは見ることができなかったのですが、エレクトラのブリーダー、Cathy が YouTube に動画をアップしています。(画質はちょっと荒れていますが)
http://www.youtube.com/watch?v=qcYMTN8FG74

マンディはエレクトラのことを「poodle」と普段は呼んでいるそうです。
Poodle loves me.
She makes me happy.
これ以上望むことはありませんね。。。
Mandy

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

日食

明日は日食が観測される日だそうですが、どうもお天気がダメみたいですねー。
こちら(神奈川エリア)では、晴れて見られたとしても部分日食なので、曇り空ではサッパリ何も変化しないだろうとと思います。
これがもう少し時期的にずれていれば、もう少し全国的にお天気が安定していたのかもしれないと思うと残念ですね。
46年ぶりということらしいのですが、次は何年後なんだろう?
ちょうど子供達は夏休みに入ったばかりで楽しみにしている子も多いだろうに。
私も部分日食でいいので見てみたかったから、ちょっと残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

伝説の終焉(MJ's dead)

Mj1
彼の全盛期、私はリアルタイムで聞いていたし、当然 Off The Wall も、Thriller もアルバム持ってるし。。
後半の人生、風貌の激変、スキャンダラスな私生活、裁判などなど、ある意味壊れまくりでしたけれど、でも彼はやはり天才だったと思います。
フレディ・マーキュリー以来の衝撃かなぁ。
人生、駆け抜けてしまいましたね。ちょっと残念。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

Bo Obama

ずっと気になっていたのですが、やっとこさオバマ家の子が決まってホワイトハウスにやってきたようですね。
関連ニュース:http://www.akc.org/poll/special/presidential.cfm

オバマさんとこが子犬を飼う約束をした、というニュースが報じられてから、愛護関係から犬種団体、一般市民までいろいろな意見があったようです。そうした意見もふまえてシェルターから引き取りたいという話が積極的に出ていたのですが、これはとても難しいだろうと私は考えていました。
というのも、ひとつは娘さんのアレルギーの関係で、どんな犬でも良いという訳ではないこと。
次に、いくつか上がった候補から最終的にポーチュギーズという選択がなされたものの、地域のシェルターにポーチュギーズが落ちてくる可能性が比較的低いだろうという話。
これについてはポーチュギーズと決まる前の話ではあるけれど、オバマさん自身が「問題はシェルターにいる犬は自分と同じミックスばかり」という発言でもわかります。
そして、仮にそういう所やパピーミルからのブリードレスキューがあったにしても、へたしたら犬の状態がいろいろな面で良くない可能性が大きいこと。(心身共の健全性)
犬種を決定したのであれば、それなら、信頼できる良いブリーダーから健全な子犬を迎える方がずっと良いのでは? と私は思っていました。少なくとも日本と違って、アメリカで探そうと思えば良いブリーダーは必ずいますから。(苦笑)
しかし、彼の立場などから、世論等に押されてそれも難しかったんでしょうね。。。

今回の子は、ブリーダーから一般の飼い主に一旦引き取られたものの出戻ってきた子のようです。
http://www.newsday.com/news/printedition/nation/ny-usdog1412648581apr13,0,4807223.story
いきさつはどうであれ、長い間懸念事項だった飼い犬が決定して良かったな、と思います。
Bo
一番嬉しかったのは大統領だったりしてね。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

飛行機事故

今日(というか、実質昨日ですが)の成田空港でのfedex貨物機の事故。ビックリです。
原因は天候のせいなのか、機長の技術や判断のせいなのか、あるいは機体そのものの問題なのか、素人の私にはわかりませんが、このfedex 80便、いつも私がアメリカに検体を送る時に検体が乗せられている便ではないかと。。(いつもFX80という便名でした)
今回の飛行機は朝、中国から成田に到着した際に事故を起こした訳ですが、おそらく日本で荷物を降ろし、その後日本から荷物をまた積んで夕方アメリカに飛んでいたのではないかと思います。

今回、ジャニスの子犬の約半分は遠方に行きます。
今週末、その遠方に行く3匹をまとめて私が車に乗せて届けに行くのですが、当初、そのうちの1匹の飼い主さんは飛行機でこちらまで来て受け取って、羽田からまた飛行機に乗って帰ろうか、と言っていました。
私は自分のポリシーで犬単独の空輸はよほどでない限りしたくありません。飛行機に乗るとしたら飼い主かお世話係が一緒でなければ、万一の事を考えたら怖くて嫌なのです。
どうせ貨物室だから犬だけ送っても同じだろうと思われるかもしれませんが、飛行機の場合、天候やその他の不可抗力で何がどうなるかわからないので嫌なのです。
天候不順や今回の成田のように、事故でもあれば本来の目的地以外の空港に回されてしまうことは実際あるわけで、そうなった時に子犬だけが飛行機に乗っていたら、子犬はどうなっちゃうんでしょう?
心配したらキリがないと言えばそれまでですが、そんなこんなと生後9〜10週という、まだ半分赤ん坊に近い子犬の精神的なストレスなども考えると、やはり来てもらったにしても飛行機に乗せることは正直、前向きに考えられませんでした。
しかも今の時期は強風ありだし、季節外れの雪ということもなくはないし、飛行機の方が時間が短いとは言ってもストレス度を考えると私や他の兄妹、母犬と一緒の車での移動の方が精神的もずっといいだろう、という話にちょうど先日なったところでした。

そこに、なんともタイミング良く(悪く?)今回の成田の事故です。
やっぱり春先の天候は恐い、、、、本当にそう感じました。
飛行機がひっくり返るほどの悲惨な事故で亡くなられた乗務員のお二人、本当にお気の毒です。
せめてもの救いは貨物便ということで他に人が乗っていなかったことだったとは思いますが、こういう事故は今後起きないでほしいと本当に感じた一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

狭いニッポン

そんなに急いでどこに行く? みたいな評語?が昔あったような。。。
いや、今朝のニュース見てびっくり。
こちら(関東方面)であまり報道されていなかったからか「神戸空港開港」のニュースです。
こんなの作っているなんて、全然知りませんでした。
それに、この地域では関空がついこの間できたばっかりじゃなかったの?
伊丹空港だってそんなに遠い訳じゃないでしょうに、なんでまた空港?? という感じで。

そりゃ、飛行機だとひとっ飛びで楽な部分はありますけれど、日本は北米みたいに端から端まで飛行機で6時間くらいかかったり、時差があるような広大な国じゃないのに。そんなにたくさん一部の地域に空港が必要なのかな?
ニュースを聞いていたら、建設費用などペイできるかどうかも先行きの見通しがないとか。
市営空港ということは、多くの経費を市税で賄ったのでしょうから、↓の Tax Tower みたいに Tax Airport などと揶揄されぬよう、むだ遣いと言われないようにしてほしいですよね。私はきっと利用しないけど。(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

↓失礼しました

あまりに腹が立って、ホテル名をうっかり間違えました。
東急さん、ごめんなさい。
問題のお馬鹿な社長がやっている条例違反(しかも確信犯)のホテルは
東「横」インでした。

しかしねー、悪びれもせずに堂々と(?)条例違反(無視)するってことは、他でも掘りだせばこの会社だけでなくやっているんだろうなぁ。
設計図を最初から二枚用意しているってところからして、設計会社だって承知の上なんでしょう?
何のための条例なのか、誰のための設備なのか、考えられないんですかね?
身勝手で自分の利益だけを考えているからこうなるんでしょ?
ほんの少しでも他人に対する思いやり、自分とは違うハンディを負った人達への優しさの視点があればこんなことはできないでしょうに。
企業は利益を追及してしかるべき存在であるけれど、その利益追求の為なら何でもしてもいい、ということにはならないはず。
これは企業ではなく、個人のレベルでも本質は同じだと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ふざけるな

呆れましたね。とんでもない奴だ。
誰って、東急インの社長。
なんですか、あの記者会見でのやりとり、言い草は!
全国の身体障害者の皆さん、こいつを訴えた方がいいですよ。
そして、東急イン不利用運動でも全国展開した方がいいのではないですかね?
年に障害のある人は1人か2人しか利用しないからだの、ホテルとして見栄えが悪くなるからだの、とんでもない理由で条例違反。
全く悪びれた様子もなく、車のスピード違反の話を例えにしてるお粗末さ。
こいつ、なんで社長という職をやっていられるんだろう?
あんたの発言、全て全国放送でテレビで何度も流れているんだよ?
冗談にも屁理屈にもなり得ないような、子供みたいなお粗末で恥ずかしい言い訳して、世の中の人達がどう思うか、感じるか、わかっていないでしょ?
身体障害者に対しても、どう受け取られるかなんてまるで考えていない。というか、わかっていない。
人権問題って言われてもおかしくないんですけど?
こういうこともわからず、あんな態度であんな受け答え。恥ずかしくないのか?!
稀に見る典型馬鹿ですわ。いいトシして恥ずかしくないのかね?
呆れるし腹が立ちます。
夕方車のテレビでこのニュースで聞いて、思わず「馬鹿野郎」と言ってしまいました。
とりあえずは、さっさとこいつは社長を辞めるべきでしょう。
私は何があっても東急インは利用しないと決めました。

さっきここまで書いて、深夜のニュースでまた見て再度腹が立ってきた。
だめだ、こいつ。許せない。態度も悪い。生卵ぶつけてやりたい。
こういう奴、キライだ、というより軽蔑します。
あんたは今健康で二本足で立って歩いて不自由していないんだろうけど、階段でも転げ落ちて車イスにでもなってみやがれ、と言いたい。
それでもまだ「うちのホテルには年に身障者の利用が1人しか2人しかないから」と言えるか?
てめーみたいな奴は豆腐の角に頭ぶつけて死んじまえって思うぞ。
あーーー、不愉快。。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

これもなくなるのかな?

minolta去年のうちに話に聞いてはいたけれど、コニカ・ミノルタがソニーになってしまうらしい。つまり、ミノルタという会社がなくなる。(コニカと合併した時点ですでに半分なくなっていたけど/苦笑)
カナダ、ナイアガラの滝の周囲に広がるホテル群の中にあるこの「ミノルタ・タワー」のロゴもなくなってしまうんだろうなぁ。SONYになって、ソニー・タワーになるんだろうか?
一昨年これを見た時に、この看板料高そうだ、なんて思いつつ眺めていたんですけれどね。

長年愛用しているカメラのメーカーがなくなってしまうのは、なんだかちょっと残念です。ミノルタのカメラ、素人ながら私はいいカメラだと思うんですけどねぇ。
今、αのシリーズで銀塩一眼レフが2つ、コンパクトカメラ(ほとんど死蔵)が1つ、デジカメがひとつあります。
デジタル一眼レフが欲しいと思いながら、普段なかなか写真を撮る時間もないのでもったいないからいいや、とか、どうせならあともう少し待って、ミノルタがスウィートデジの次の世代のカメラを出したら、その時に買おうか、なんて思っていました。
けれど、やはりソニーに吸収されてなくなってしまうことが本当にはっきりした今、決意してしまった。
αSweetDを買うぞー。(笑)
銀塩の時からのレンズが3本あるし、例の500円玉貯金でボディだけ買えばお釣りが来ますんで。(笑)

今年はもうちっとマメに写真撮ろうっと!
でもねぇ、1人で犬連れているとそうそう撮れないんですよねー。
犬の行動に気遣いして、周囲にも気遣いして、、、それとなんと言ってもショーで自分が出陳していると撮りたくても撮れない。(涙)
まぁいいや。カメラは腐る訳じゃないから、いずれゆっくりじっくり写真撮れるような時もあるでしょう、きっと。

| | コメント (8) | トラックバック (0)