« とり急ぎの報告 | トップページ

2021年3月 9日 (火)

ブリーダー 2

これは私の強い考えなのですが、ブリーダーは職業であってはならないと考えています。
つまり、犬を繁殖することが「仕事」「生活の糧」であるべきではない、と私は強く思うのです。
自分の職業はブリーダーである、と言う方々には大いなる疑問をもちます。
アメリカでお付き合いのある、私が尊敬するブリーダーたちは、皆、犬は趣味の範囲であって生活のための仕事は別にちゃんと持っています。
日本でも、極々(!強調)少ないと思われる真面目なブリーダーたちは、犬の繁殖が生活の糧ではありません。
真面目に繁殖に取り組むと、お金は儲かりません。
扱うのは命ですから、その命に対して責任が常にあり、誰かに売ったらそれで終わりではないし、そうすべきではないと思っています。

一腹子犬が生まれて全て売れれば、まとまった金額になって儲かった気になると思うのですが、冷静に長い目で見たら儲かりなんてしないんです。
1頭のメスがお産できる数は限られますし(これもいずれ制限がつきます)その親犬の一生のうちの数年ですから、言い方は悪いのですが、いずれ子犬を産まない(産めない)タダメシ食いを長い間養うことになります。
その経費、自分の生活費のために、さらに産んでくれるメス犬を補強し、、、とやっていくから(ある意味自転車操業)そのへんのブリーダーは山のような数の犬を抱えるのではないでしょうか。

子犬を売ってお金にして、それを生活の糧としている人たちは「コマーシャルブリーダー」(commercial breeder)です。
典型は、自家繁殖のペットショップみたいなもの、と考えればわかりやすいかもしれません。
ペットショップではなくても、このタイプのブリーダーはたくさんいます。
毎年出産があって、定期的に子犬がいます。年に複数回お産があることも珍しくありません。
この手のブリーダーで規模が大きくて犬の数もたくさんいて(時に数犬種)年中お産があるのが、子犬工場=パピーミル(puppy mill)です。
そこまでいかずとも、真面目に犬種の勉強もせずに、片手間に家庭で繁殖をしてお小遣い稼ぎのようにしている人たちはバックヤードブリーダー(backyard breeder)私はよく「裏庭」と呼んでいます。(笑)
うち子の赤ちゃんが見たい、ちょっと生ませてみたい、的な人は素人ブリーダー。

ブリーダーという言葉ひとつでも、こうやっていろいろいるんです。(苦笑)
じゃぁ、真面目なブリーダーはなんと言えばいいんでしょうね。。。
シリアス(serious)ブリーダーという言い方をよく目にしたり耳にしたりするのですが、なんか私、この言葉の響きがあまり好きではないというか、ちょっと違和感を覚えます。
ちなみに英語だと reputable(評判がいい、信頼できる)breeder とか、responsible(信用できる、信頼できる)breeder、あるいは ethical(道徳的な、倫理にかなった)breeder という言葉が使われることが多いです。
responsible は、責任(responsibility)あるという意味あいもあるので、いい言葉だな、と思ったりするんですが、真面目で良いブリーダーを一言で表す良い日本語ってないですかね?

長くなりましたが、ブリーダーを見極める話、よくよく見たら5年半前の昔「繁殖制限」のタイトルで書いていました。
その記事の中にもまたリンクがあって、やはり同じようなことを書いてますね。
言いたいことは時間が経っても基本的に変わらないということで。。
お時間のある方は、過去ログ、読んでくださるとありがたいです。

 

|

« とり急ぎの報告 | トップページ

犬の話」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。


我が家の近所は、少し前は、トイ・プードル。
現在は散歩コースではそこら中に柴犬。
それも、5歳未満の子ばかりです。

流行りの犬を見ていると、何らかの疾患を持っている子が多いです。
お姉さん座りをして、可愛いってSNSに上げ、それを配信するネットニュース。
いやいやその座り方、歩き方、股関節、膝関節、問題あるでしょ?って。

TVや雑誌で見て可愛いからと、流行りの子犬をペットショップから「運命とか一目惚れ」とか買っくる飼い主。

犬を迎える理由は色々あるかもしれません。
子供の情操教育に豆柴を飼いたいけど、数十万してた。
安く手に入る方法ないかとペットショップめぐりをしているという親子談あり。

犬初心者に、柴犬はおすすめしません。
健康な犬を求めても、考えているよりお金かかるんですよと話をしました。
病気もしますし、可愛い盛りはあっという間。
介護が必要になりますし。

安易に迎え思ってた犬の生活は違う。
さらに、手に負えないとヒトの都合で飼育放棄をされます。

本当に、嘆かわしいことです。

投稿: りんママ | 2021年3月10日 (水) 10:50

りんママさん、こちらこそ、ずーっと放置でご無沙汰でした。

年数が経っても、繁殖する側と子犬・子猫の販売、買う(飼う)側の問題、ずっと変わらないですね。。。
何が悲しいって、じゃぁ、マトモなブリーダーさんはここにいますよ、と、堂々と紹介できる人たちが本当に少なくて、おすすめするところがほぼないに等しい現実です。
アメリカあたりだと、日本と同等、時にそれよりも酷いパピーミルとかコマーシャルブリーダーがいるのですが、その反面、同じくらいとても真面目に取り組んでいる人たちもいるんですよね。
日本ではこのバランスがとても悪いです。

流行りにのってしまう人たちの多いことにも驚きます。
某著名芸能人夫妻が、なんちゃらドゥードルという名の雑種をお飼いになっているそうで、蔓延しないかすごく危惧しています。
あまりマイナスな話は書きたくないのですが、なんちゃらドゥードルについては一度書いておこうかと思っています。

投稿: 羽生 | 2021年3月10日 (水) 23:22

この記事へのコメントは終了しました。

« とり急ぎの報告 | トップページ