« 2016年1月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年3月

2016年3月24日 (木)

リアン

16日午前、リアンが亡くなりました。15歳1ヶ月ちょっとでした。

去年夏過ぎ頃から足腰も含めて一気に年老いた感じになり、今年15歳の誕生日は無事に迎えられたものの、実は、16歳までは無理だろうと思っていたところです。


Img_0066

亡くなるまでいろいろありまして、、、、

リアンは菜々子に比べると本当に健康で、特に大きな病気もせず、病院に世話になることなどほとんどありませんでした。

このまま、静かに老衰という形で亡くなるんだろうな、などと思っていたのですが、よりによって突然ブロートを起こしました。

加齢リスクがこんなに恐ろしいとは、という感じです。

ガス抜きと胃洗浄で一旦捻転していた胃は元に戻ったのですが、翌日再びガスが溜まって捻転しかけたために手術となりました。

15歳のリスクもありますが、捻転してしまったらそのまま苦しんで死ぬだけなので、これは手術に賭けるしかないという状況です。

系統的にもブロートはないし、遺伝的要因は考えられないのでブロートとは無縁で生涯を終えると思っていた矢先に、よりによって、という感じです。

もともと痩せていたのですが(それだけでもリスクになります)食事も生活も変化はないのに、気付いたら半年で4キロ近く体重が落ちていました。

年老いて筋肉が落ちて、痩せてくると一気にリスクが高くなるので油断できないと、ブロートに詳しい方からも指摘されたとおりです。

若くでブロートを経験した子はもちろんですが、今まで一度もそのようなことがなくても10歳を超えたら気をつけていてほしいと思います。

術後は若い犬に比べて決して経過が良い訳ではなく、体調の波もありましたが亡くなる前日は元気でよく食べてよく歩き、このまま数ヶ月は半介護になっても元気で過ごすのではないかと思っていたところでした。

それが翌朝になって体調が激変し、結局そのまま亡くなりました。

ブロートを起こす前の週からナックリングが始まったり、手術後うちで面倒を見ていた時も大きなテンカン様発作を起こしたり、神経系統からくると思われる小さな発作もあったので確定診断はしていませんが脳腫瘍など、何か神経系に異常があったのではないかと思える状態でした。

リアンの兄妹のロッコは去年安楽死になってしまったし、リアンと同じ日に生まれたいとこに当たる子も15歳の誕生日を迎えてすぐに亡くなっています。

シカゴに電話して報告した時に、13歳を過ぎたら何が起きてもおかしくない。14, 15まで生きられたのはある意味ボーナスみたいなものと言われました。

リアンを迎えに行った日のこと、数年後にアメリカでショーに出すために(リアンを譲ってもらった時の約束でした)連れて行った事などなど、昨日のことのように覚えています。

この30年ほど、たくさんのスタンダードを見てきましたが、リアンの顔は今まで見た中で1,2を争うほどきれいだと今でも感じています。

特に、あのしっかりとした下顎。こういうきれいな下顎を持った犬は、実際にはなかなかいません。

あのリアンの「顔」が欲しくても、同じ顔に出ないんですよねぇ。(苦笑)

うちでは、皿ちゃんが下顎も含めて一番似ていますが、やはり同じではない。当たり前ですけどね。。。

Canada

リアンがいなくなって、いなくなったことに対する違和感が日々薄れ、いないことに慣れて行く自分にも違和感があります。

手術後、抜糸が済んだら洗ってきれいにしてあげようと思っていたのに、その前にいなくなってしまいました。

向こうでNINAKOちゃんに会っていることを願っています。

NINAKO ちゃんが見つけてくれれば、きっとピカピカにしてくれるのではないかと思って。

Leanne_fuji

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

悲しいニュース

今年は閏年だったんですね。

当日まで全然気付かずにいました。(恥)

2月29日は、2年前に亡くなられた佐久間さんの誕生日でもありました。

こんなところまで佐久間さんらしい、なんて笑っていたこともありましたっけ。

そんなこんなで、佐久間さんのことを思い出していた矢先、チャーリー・ツナ(Charlie Tuna)が亡くなったというニュースをネットで知りました。

71歳。原因はわからないようですが、19日、寝ている間に静かに天に召されたようです。

チャーリー・ツナと言われても、わかる方は少ないかもしれません。

アメリカのラジオDJです。

アメリカのヒットソングを聴きたかったのと、英語の勉強も兼ねて10代の頃はずっとアメリカ軍向けのラジオ局を聞いていました。当時はFEN(Far East Network)、今は AFN(American Forces Network)と名称が変わっていますが、このラジオ局で軽快なトークとヒット曲で構成された Charlie Tuna Show を聞いて以来のファンでした。

この番組では、視聴者と電話で直接話をするコーナーがあって、その中で視聴者の質問に答えるというものがありました。

古い曲のタイトルがわからないとか、歌っている人は誰だったか思い出せないといった質問なのですが、驚くべきことに、チャーリーはほんの些細なヒントでも私が聞いていた限り、必ず正解を伝えていました。

わからない、と返事をしているのを一度も聞いたことがありません。なんでこんなに詳しいんだろうと驚いたものです。

聞き始めの頃はもちろんほとんど聞き取れず、なんて早口な人なんだろうと思っていたけれど。


一昨年、インターネットラジオで偶然また彼の番組をみつけて、飛び上がるほど嬉しく、度々聞いていました。

懐かしい声やトークの調子は、当時と全然変わっていませんでした。
チャーリーと、American Top 40 のケイシー・ケースン、そして当時の数々のヒット曲が私の最大の英語の先生だったのですが、ケイシーも2年前に亡くなられてしまって残念です。

ごくわずかですが、チャーリーの音声はYouTube で検索すると出て来ます。


やっぱりしゃべり方、今聞いてもやや早いですね。(笑)

ここでは、電話口の視聴者にチャーリーの方からクイズを出してますね。

ケイシーの American Top 40 は、一部著作権の都合なのか、ミュートになったり音声が極端に悪いもの、ショートカットされたものがあったりしますが、3時間ほどの当時の番組をそのまま YouTube で聴くことができるものもあり、懐かしいです。

ここ数ヶ月で David Bowie、EW&F の Maurice White と立て続けに訃報が続いた後で、つい一昨年ラジオで再会したばかりのチャーリーが亡くなってしまって、もうその声を聞けなくなったことは本当に残念です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年6月 »