« Farewell 南相木 | トップページ | さよなら2015 »

2015年10月27日 (火)

繁殖制限

先日、Yahoo ニュースに「犬の繁殖回数制限へ=悪質ブリーダー排除-環境省」というタイトルで短い記事が配信されていました。

記事によると「環境省は24日、子犬をペットとして販売するブリーダーに対し、親犬への過度な負担を避けるため、年間の繁殖回数を制限する方向で調整に入った。」とのこと。

これは、是非近いうちに必ず実現してほしいです。

実現のためには、各種犬種団体(JKC, KCJ, 日保, コリークラブなど)の協力も必須になりますから、是非協力してほしいと思います。

そして、できればメス犬の繁殖可能年齢の設定や、生涯での出産回数の制限、初回発情での出産も禁止してほしいし、違反した場合の罰則も付けてほしいです。

初回発情での交配・出産禁止を目的にJKCの場合、生後9ヶ月未満の交配は認められないとなっていますが、メス犬が高齢で出産することに関しての制限は今のところありません。同様に、1頭のメスが生涯で何度お産するかについても制限は全くありません。

ブリーダー(とは呼びたくない犬屋/苦笑)は、10歳近くでも平気でお産させたりする人がいますし、こういう人はメス犬が健康で産めるうちは大丈夫なんてうそぶくわけで。。

スタンダードプードルの場合は初回発情が比較的遅く(早くて1歳頃、だいたいが1歳半前後~遅いと2歳)犬屋さんたちは、やっときた最初の発情ですぐに交配して産ませる、ということがけっこうあるようです。

私が今まで知っている中で一番酷かった犬屋(すでにブリーダーとは呼べません)は、1頭のメスに対して初回発情から4年間ちょっとで9連続出産なんて鬼畜なことをやっていました。

当時、この犬屋にはサイトも掲示板もあってネットでは比較的人気のある「ブリーダー」で、産ませればいくらでも子犬が売れるような状態でした。

当時のサイトや掲示板から、1頭のメス犬がどんな頻度でどれくらい出産しているか見ていればわかるはずなのに、このようなことにはその頃のお客様(お取り巻き?)の方々は何も気になさらなかったようです。(謎)

もう1頭いたメスも初回発情から7回連続出産くらいしていましたね。酷い話です。

今はもうこの犬屋さん、いろいろあってたぶん繁殖などやっていないと思いますが、残念なことに似たようなことをやる犬屋は他にもいるわけです。

きれいなサイト、楽しそうなブログ、ママはチャンピオン犬とか、ドッグショーで活躍中!などといった宣伝文句に騙されず、こういう倫理的なところを厳しくチェックしてほしいと思います。

同一のメスを連続で出産させているかどうかなどは、そのブリーダーがサイトやブログに出産情報を出していたり、あるいはブリーダーサイトのようなところに子犬を出していれば、それらをマメにチェックしているとだいたいわかるかと思います。

同じメスがほぼ半年ごとに出産していないか、年柄年中子犬が溢れていないか。

何頭の犬を抱えているのか。(これも大きな問題です)

多種多様な犬種を取りそろえて、犬のデパートになっていないか。

いつも子犬がいる、欲しい時、あるいはちょっと待てば子犬がすぐ入る、多犬種から選べるという「都合の良いブリーダー」と、きちんとした繁殖倫理に基づいた「良いブリーダー」は本来違うのです。

先日書いた記事もそうなのですが、本当にブリーダーを見極めてほしいですし、このような問題に対してきちんとした知識を持ってほしいです。

ちなみに、この時にやりとりをしていた動物のプロの方は、結局、都合のよいブリーダー(犬屋)に何の疑問も持たなかったようで、私は何のために必死でいろいろやりとりをしたのか、その徒労の大きさにガッカリでした。

あちらも、私のようなウルサイ人間とは付き合えないと思ったらしく、すでに音信不通です。(笑)

あれだけ伝えても理解しない・しようとしない・できない相手なら、これ以上話をしても無理だな、と思って残念ですが私は諦めました。

いつか気付いてくれることを願うしかないのですが、、、、たぶん無理でしょうね。。。

一番ガッカリしたのは、本人がどうこう、ではなくて「動物を扱うプロの立場の人」が現実にはここまで認識が低いという事実でしたけどね。

全ての人がそうではないと思うのですが、この問題はどこから手を付けたら解決するんでしょうか。。。

良い方法があれば教えてほしいです。

|

« Farewell 南相木 | トップページ | さよなら2015 »

犬の話」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
やっと小さな1歩・・・これで悪徳な犬屋が無くなれば良いな〜と思います。
ヒートの度に出産させられて、名門ブリーダーと言われているところでもあります・・・
売れるうちにどんどん繁殖?自分が売った雌犬に繁殖を持ちかけて、密かに買い取る借腹なんてことまでやってます。
飼育頭数の把握出来ても借腹なんかしていたら、そこまで追求できるのか?
はっきり言って動物取扱業を持っていないのにお里に買い上げてもらったら違法ですよね?
これを持ちかけるブリーダー側に問題があるにしてもそれも取り締まれないどころか把握も出来ていないでしょう・・・
仔犬が欲しくなったら何も考えず追求もせず疑問にも思わずすぐ手に入れる買い手側がまず変わらなければダメですよね。
そして生体販売をするショップが身近にありすぎる事も、命を安易に扱うのはとても嫌です。
最近ペットショップでも大手のショップでは必ずスタンダードプードルが売られていて驚きます・・・そんなに簡単に飼える犬種では無いです・・・トリミングも高額ですし、毎日毎日ブラッシングにも時間がかかりますがこれは必須ですし・・・テレビで人気が出ると欲しがる人間が多くなります・・・これがそもそも乱繁殖の元なのでは⁇悲しい

投稿: 本庄 | 2015年10月29日 (木) 01:35

本庄さん、いろいろな問題が複雑に絡みあっているので、すぐに理想通りには変わらないでしょうね。
絡まった糸をほぐすように、少しずつできるところからやっていくしかないのだと思います。
そうした時に、やはり一番は飼い主、子犬の買い手の意識変革からではないかと思うんですが、これが簡単なようで難しいかもしれません。。。

私はテレビをほとんど見ない(というか、まず民放を見ない)ので、スタンダードがテレビで人気になっているということを最近まで知りませんでした。
マスコミは本当にいい加減で、視聴率さえ取れれば良いんですよね。
動物関係、特に犬をはじめとするペット関係は無責任な内容が多いという印象があります。
なので、余計に、特に民放のペット系番組は腹が立つから見ないです。(苦笑)

投稿: 羽生 | 2015年10月30日 (金) 12:59

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁殖制限:

« Farewell 南相木 | トップページ | さよなら2015 »