« 大根さんたち | トップページ | 寒い。。。 »

2014年1月21日 (火)

新年と佐久間さんのこと

2014年になって、気付いたらすでに1月も半ばを過ぎてしまいました。。。

今年はもう少しマメにブログを書こうかしらとか、放置気味のサイトの手直しなどしなくては、、、と思っていたのですが、気付いたらズルズルと。(汗)

年末~年始めはバラの剪定やら、のんびり鉢替えなどをしていました。

鉢替えはあとミニバラをいくつか残しているだけで終了。(ノンビリやりすぎました。。。)

そして先日、皿ちゃんと皿ちゃんの姉弟が5歳に。

早いものです。本人(犬)は何をしてもお子様モード。

もっとゆっくり年を取ってほしいのですが、流れる時間を止めることができないのは残念です。

次の世代についても考えねばならないのだけれど、これがずっと頭痛のタネ。(このへんについては機会があればいずれ書くかも?)

Sara_120

そんな中、去年から準備していたことがありました。

「Clear (Normal) by Parentage」(親子関係によりクリア)をOFAで取ること。

どういうことかというと、両親が遺伝子レベルでクリアもしくはノーマルであれば、その子も遺伝的にクリア、ノーマルという証明で、該当遺伝子検査を子供はしなくても済むということ。

これを正式証明としてOFAで取るためには、まず両親犬とその子をそれぞれAKCにDNA登録をした上で、親子鑑定をしてDNAで親子であるという証明をAKCから取り、その証明でもってOFAは Clear (Normal) by Parentage の証明を出す、というもの。

それぞれの遺伝子検査をオーダーするよりもトータルでこの方がキモチだけですが(苦笑)安いと計算上も出たし、とりあえずやってみようかしら? ということでした。

AKCに送ったり、父犬のオーナーのサインが必要だからそれをそちらに送ったり、OFAに送ったりと面倒臭いと言えば面倒臭かったのですが、なんとか無事に親子関係により遺伝的にクリア(ノーマル)の証明をもらうことができました。vWD, NE, DM の遺伝子検査3つです。

皿ちゃんの検査結果一覧:http://www.offa.org/display.html?appnum=1478040#animal

そんなこんなだった昨日、古くからの友人の訃報が届きました。

佐久間さん。多くの人にとってはGLAY やジュディマリ、ヒステリックブルーなど多くのアーティストを手がけた音楽プロデューサー佐久間正英として著名でしたが、私にとっては長年の犬友でした。

去年夏にFBやブログで自身のガンの公表をして、その後も精力的に活動されていたのですが、ついに、、、という感じです。

去年9月のライブ後に楽屋で会って少し話をしたのが最後になってしまいました。

その時も「じゃぁまたね」と言って別れ、その後12月に個人的にメッセージでやりとりをして、じゃぁ年明けて落ち着いたらね、なんて話をしていたのですが叶わぬままになりました。

ガンの公表をしたときの内容、あぁ、佐久間さんらしいな、と思ったり、その後も精力的に活動している姿を見て、ひょっとしてガンなんで間違いじゃなかったのかしら? とも思えるほどだったのですが、残念です。

Sakuma

画像はその昔、犬達と一緒に佐久間家でのクリスマスパーティ。

ここに写っているみんな、いなくなってしまいました。

菜々子もアディもティティも、とてもかわいがってもらったという記憶があります。

いずれ落ち着いたら、佐久間さんとの思い出など、書くかも。。。

|

« 大根さんたち | トップページ | 寒い。。。 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

サラさん5歳のお誕生日おめでとうございます!サラさんの半年くらい前にサーシャがはるばる我が家にやって来たのですから!ほんと時の経つのは早いですね。

OFAもまた新たな試みで、おめでとうございます。

佐久間さんはプロデューサーとしてJポップ、ロックシーンで関わっていない人がいないんじゃないかと言うくらいの才能を発揮されていましたから、とても残念です。
 私が高校生の頃”4人囃子”というバンドが有りまして、良く聞きました。もともとギタリストですがその時はベーシストとしての参加でした。
ぜひ、犬のことMacの事、音楽の事・・・落ち着いたら、エピソードをお聞かせ願えたらうれしいです。

投稿: 柴田 | 2014年1月22日 (水) 01:27

柴田さん、こんばんは。
そうですよね、「チビ子」が「サーシャ」というお嬢さんになってからも5年以上経ったんだ!
皿たちが生まれた時のことも、「チビ子」がうちにいた時のことも
なんだか昨日のことのような錯覚があるんですが。。。

佐久間さん、本来ならば今日、東京で早川義夫さんとライブをする予定だったんですよ。
10月のシカゴ大学でのライブをネット中継で見ていた時も、もしかしてこのまま
あと1年くらい普通にライブやっちゃうんじゃないかしら? なんて思っていたんですけどね。。
ただ、正直なところ、去年クリスマス前後に写真を見て様子を伺って
残念ながら、この先はこちらが望むほど長くはないのでは? とは薄々感じていました。
本人としては、22日のライブができなかったことが心残りだったかもしれませんねぇ。。
なにせ律義な人だったので、心残りではなくとも本人としては『実現しなくてごめんなさい」
というような気持ちでいたかもしれません。

ぼちぼち、機会を見て古い思い出話でも書けたら書いてみますね。

投稿: 羽生 | 2014年1月22日 (水) 22:32

たまーに、こちらも覗いてますよ。
一緒にバヤシの追っかけしてた友人が佐久間さんの大ファンで、その彼女、シカゴ大学の側に住んでいるから一緒に行こう〜、って大乗りだったんです。でも、その日彼女は佐久間さんとは入れ違いで日本へ。もう一人の追っかけメンバーは羽生さんにドロップオフしてもらったハイランドにいて、三人で佐久間さんのことメッセでやりとりしてました。
羽生さんの佐久間さんの思い出、彼女たちにもシェアしたいです。

投稿: Chiz | 2014年2月 6日 (木) 08:31

Chizさん、放置がちなブログを見ていただいてありがとうございます。

四人囃子から、となると、相当コアなファンですよね。
ご友人、シカゴ大学でのライブに行かれなかったのは残念です。
実は、佐久間さんが10月のシカゴまで体力的にもつかどうか私は心配だったんですが、無事に終えて本当に良かったと思っています。(ネットライブで見ていました)
ぼーっとしている間に2月になっちゃったんですが(汗)ぼちぼち関係者に迷惑にならない範囲で、懐かしい話など書いていきますね。

投稿: 羽生 | 2014年2月 6日 (木) 23:39

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年と佐久間さんのこと:

« 大根さんたち | トップページ | 寒い。。。 »